副作用が長く続くときの対処法 – ピル通販クリニックおすすめランキング

副作用が長く続くときの対処法

ダイエットコラムトップ画像

避妊やPMSの軽減などの効果がある低用量ピルですが、服用をする前に知っておきたいことが副作用が起きる可能性です。

低用量ピルは、女性ホルモンの量を増やす形で、避妊などの効果を生み出す薬です。ただ、体内のホルモン量が一気に増えれば、そのことにより吐き気や眠気、腹痛などの副作用が出ることがあります。さらに、人によっては気分が落ち込むなど精神的な影響が出ることもあれば、太りやすくなってしまう人もいます。こうした副作用は、薬に慣れていない時に起きやすいもので、体が薬に慣れれば徐々に収まっていくことが一般的です。ただ、薬との相性が悪いために副作用が起きている場合は、なかなか症状が改善しないことになります。この場合は、薬の種類を変えることができないか、医師に相談をしてみると良いでしょう。

低用量ピルというのは、1種類のみではありません。いくつもの種類があり、薬によって体との相性が変わってくることも多いものです。一時的に飲む薬であれば、多少の副作用が出ても我慢することができるでしょう。ただ、低用量ピルというのは継続して飲み続けていく形になることが多いものです。安心して飲み続けていくためには、体との相性も気にかけておく方が良いでしょう。

人気のピル処方クリニックTOP3

     

※2 キャンペーンのクーポンコード「PILL1950」適用時。

※3 処方がない場合は診察料がかかります。

※4 予約診療も可能。

クリニックフォア商品画像
クリニックフォア
メデリピル商品画像
メデリピル
エニピル商品画像
エニピル
1シートの価格
クーポンコード利用で
1,950円(税込)〜※2

1,963円(税込)〜

2,563円(税込)〜
診察料
初回無料※3

無料

2,200円(税込)
ピルの種類

低用量ピル
9種類


低用量ピル
6種類


低用量ピル
8種類

予約・診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
予約不要※4

診療
365日24時間診療

公式

\業界最安値級!/

公式サイト
公式サイト 公式サイト

\ 当サイト一押しクリニック /