低用量ピルを服用すると生理はどうなる – ピル通販クリニックおすすめランキング

低用量ピルを服用すると生理はどうなる

ダイエットコラムトップ画像

避妊やPMSの症状緩和のために低用量ピルの服用を考えていても、生理が来なくなるなど生理不順の原因となってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、低用量ピルを服用したからといって、生理が来なくなる訳ではありません。

低用量ピルを始めると、生理の際に排出される血液量が減りやすくなりますが、生理自体が止まってしまうということはありません。それどころか、生理不順を整えたり生理痛を緩和したりする効果を期待することができます。

生理不順の原因となるのは、ホルモンバランスの乱れです。ストレスが多いなど、ホルモンバランスが乱れやすい生活をしていると、そのことが原因で生理不順が起きることがあります。そんな人でも、2種類のホルモンから作られた低用量ピルを服用していれば、ホルモンバランスが乱れにくくなるため、生理不順が起きにくい状態を作れます。そのため、生理不順で悩んでいるという人も、低用量ピルの服用を検討してみると良いでしょう。

そんな低用量ピルを服用中の生理は、休薬期間に入って数日した頃に来ることが多くなっています。低用量ピルを継続して服用した後であれば、排卵抑制効果が続いているため、生理が来てもこの期間中に妊娠をする心配はないことが殆どです。

人気のピル処方クリニックTOP3

     

※2 キャンペーンのクーポンコード「PILL1950」適用時。

※3 処方がない場合は診察料がかかります。

※4 予約診療も可能。

クリニックフォア商品画像
クリニックフォア
メデリピル商品画像
メデリピル
エニピル商品画像
エニピル
1シートの価格
クーポンコード利用で
1,950円(税込)〜※2

1,963円(税込)〜

2,563円(税込)〜
診察料
初回無料※3

無料

2,200円(税込)
ピルの種類

低用量ピル
9種類


低用量ピル
6種類


低用量ピル
8種類

予約・診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
予約不要※4

診療
365日24時間診療

公式

\業界最安値級!/

公式サイト
公式サイト 公式サイト

\ 当サイト一押しクリニック /