低用量ピルは太りやすい? – ピル通販クリニックおすすめランキング

低用量ピルは太りやすい?

ダイエットコラムトップ画像

低用量ピルを飲むことにより、女性ホルモンのエストロゲンが人為的に作用することになります。これによって、脳そのものが、女性ホルモンを分泌する必要がないと誤作動を起こします。そうなると、エストロゲンを出さないように働きます。そこで排卵が止まり、子宮内膜を厚くするはずのプロゲステロンの働きが抑えられ、生理中に必要以上の経血が出なくなります。ピルを服用することにより、簡単に説明すると妊娠しづらい体をつくることになります。若い女性の場合には、男性との性行為により、望まない妊娠をしてしまうケースもあります。それにより中絶をせざるを得ないカタチをとることにもなり、体を傷つけてしまいます。もちろん、避妊具をつけていれば問題にはなりませんが、それを拒否する異性との性行為に待ったをかけるために低用量ピル・ピルを服用します。また、低用量ピルに含まれるエストロゲンには高い保水作用があるので、ピルを服用すると体内に水分が過剰に溜まりやすくなります。副作用のひとつとしては、むくみがあります。そのむくみにより、一時的に体重が増えてしまうことがあります。体重増加により、ピルの服用を止めてしまう女性も多いようですが、この場合、マッサージで水太りを解消させましょう。

人気のピル処方クリニックTOP3

     

※2 キャンペーンのクーポンコード「PILL1950」適用時。

※3 処方がない場合は診察料がかかります。

※4 予約診療も可能。

クリニックフォア商品画像
クリニックフォア
メデリピル商品画像
メデリピル
エニピル商品画像
エニピル
1シートの価格
クーポンコード利用で
1,950円(税込)〜※2

1,963円(税込)〜

2,563円(税込)〜
診察料
初回無料※3

無料

2,200円(税込)
ピルの種類

低用量ピル
9種類


低用量ピル
6種類


低用量ピル
8種類

予約・診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
予約不要※4

診療
365日24時間診療

公式

\業界最安値級!/

公式サイト
公式サイト 公式サイト

\ 当サイト一押しクリニック /