低用量ピルの注意点 – ピル通販クリニックおすすめランキング

低用量ピルの注意点

ダイエットコラムトップ画像

割とコンドームよりも効果が高いとされている避妊効果を期待できるのが低用量ピルなのです。

避妊効果もさることながら、生理諸症状の改善、卵巣がんや子宮体がんの予防の効果もあったりするので、効果を見ますと嬉しいことばっかりといった感じになってしまうのですが、薬ですから副作用系は起きる可能性があります。

まったく起きない人もいたりするということではあるのですが、身体に影響があるものである以上、いつ起きるかわからないことでもあります。具体的にどんなことが起きるのかといえば頭痛や吐き気といったようなことです。血栓症のリスクについても知るべきでしょう。

美容の効果などもあることから、そちらにも目が行きがちですが、割ときつい副作用が出たりすることもあるわけであり、まさにその点は注意したほうがよい要素となります。

そして低用量ピルですが、実は医療保険が適用されることもあります。これは利用の目的が避妊目的ではなく、様々な女性特有の病気、症状に関することであれば医師の判断によって低用量ピルが処方されることがあるからです。そうなれば、病気の改善、治療が目的となりますから、保険適用がされる、ということになっているわけです。

人気のピル処方クリニックTOP3

     

※2 キャンペーンのクーポンコード「PILL1950」適用時。

※3 処方がない場合は診察料がかかります。

※4 予約診療も可能。

クリニックフォア商品画像
クリニックフォア
メデリピル商品画像
メデリピル
エニピル商品画像
エニピル
1シートの価格
クーポンコード利用で
1,950円(税込)〜※2

1,963円(税込)〜

2,563円(税込)〜
診察料
初回無料※3

無料

2,200円(税込)
ピルの種類

低用量ピル
9種類


低用量ピル
6種類


低用量ピル
8種類

予約・診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
予約不要※4

診療
365日24時間診療

公式

\業界最安値級!/

公式サイト
公式サイト 公式サイト

\ 当サイト一押しクリニック /