低用量ピルのデメリット – ピル通販クリニックおすすめランキング

低用量ピルのデメリット

ダイエットコラムトップ画像

低用量ピル・ピルを服用することになると、体に拒絶反応が出ることもあります。いわゆる副作用です。これは、個人差があり、症状が重い方もいらっしゃいます。代表的な副作用は、吐き気や頭痛、むくみ、体重増加になります。多くの場合には、体がまだ低用量ピルに慣れていないために、こういった副作用が起こります。服用を始めて3か月程度で解消されることが多いようです。ただし、注意が必要になる症状もあります。それが、血栓症です。血が固まってしまい、血管が詰まる病気のリスクが低用量ピルを服用しない女性よりも上昇しやすくなります。定期的に、レディースクリニックにて診察を受けることが求められています。しかし、良いこともあります。例えば、ピルに含まれるエストロゲンの働きです。皮脂分泌を盛んにさせるアンドロゲンを抑制してくれる作用があります。この作用によって、思春期のニキビの予防ができたり、毛穴詰まりや毛穴開きなどの肌トラブルの解消に繋がります。さらに、エストロゲンにはコラーゲンを生成させる働きがあります。もちろん、女性らしい体つきや、肌を生み出すのがコラーゲンです。肌の潤いを維持して、みずみずしい弾力のある肌へと導いてくれます。

人気のピル処方クリニックTOP3

     

※2 キャンペーンのクーポンコード「PILL1950」適用時。

※3 処方がない場合は診察料がかかります。

※4 予約診療も可能。

クリニックフォア商品画像
クリニックフォア
メデリピル商品画像
メデリピル
エニピル商品画像
エニピル
1シートの価格
クーポンコード利用で
1,950円(税込)〜※2

1,963円(税込)〜

2,563円(税込)〜
診察料
初回無料※3

無料

2,200円(税込)
ピルの種類

低用量ピル
9種類


低用量ピル
6種類


低用量ピル
8種類

予約・診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
予約不要※4

診療
365日24時間診療

公式

\業界最安値級!/

公式サイト
公式サイト 公式サイト

\ 当サイト一押しクリニック /