ピルが保険適応される場合 – ピル通販クリニックおすすめランキング

ピルが保険適応される場合

ダイエットコラムトップ画像

低用量ピルに関しても保険適用がされることがあります。低用量ピルは病気の治療が目的であれば、しっかりとした保険適用を受けることができます。そもそも普通に売っている薬でもありませんか、基本的に医療機関によって処方を受けるということになります。その際に色々と状態を調べられたりするということはあるわけです。しかし、避妊目的ではダメです。

低用量のピルは毎日の服用することによって、極めて高い妊娠の回避率を誇ってくれるわけですが、それは別に病気の改善になる云々という話ではないのです。

ですからこうした場合で処方されないということはないのですがそれは自己負担でやらなければならない行動ということになります。

逆にしっかりとした病気の改善目的であればきちんと保険適用の範囲内になっている薬でもありますので心配しなくても良いです。

月経困難症やPMSとか子宮内膜症といった病気のために処方されるということが多いです。

ちなみにそんなに高いお薬でもありませんから、日々の妊娠対策とかに使うこともそこまで負担が大きくかかることではありません。しかし、がっつりとした効果を期待するというのであれば毎日服用しなければならないので、決して軽い負担とは言い難いものではあります。

人気のピル処方クリニックTOP3

     

※2 キャンペーンのクーポンコード「PILL1950」適用時。

※3 処方がない場合は診察料がかかります。

※4 予約診療も可能。

クリニックフォア商品画像
クリニックフォア
メデリピル商品画像
メデリピル
エニピル商品画像
エニピル
1シートの価格
クーポンコード利用で
1,950円(税込)〜※2

1,963円(税込)〜

2,563円(税込)〜
診察料
初回無料※3

無料

2,200円(税込)
ピルの種類

低用量ピル
9種類


低用量ピル
6種類


低用量ピル
8種類

予約・診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
24時間OK

診療
365日診療

予約
予約不要※4

診療
365日24時間診療

公式

\業界最安値級!/

公式サイト
公式サイト 公式サイト

\ 当サイト一押しクリニック /